月曜日 , 8月 8 2022

気になる!つくばスーパーチャージャーのマガーリさん!

首都圏から茨城・福島方面に行くときに立ち寄る「つくばSC」

今回は福島の「Jヴィレッジ」に用事がありまして、埼玉西部より圏央道を使って常磐道に入り「広野IC」で降りる予定。テスラモデル3でそっち方面に行くときには必ず「つくばSC」に立ち寄ります。Jヴィレッジまでは充電しなくても行けますが、帰りを考えて、行きにここで満充電にしておくと、余裕があってよいのです。

利用するには圏央道からは一旦降りることになりますが、常総ICで降りて、つくばSCに立ち寄り、隣のつくば中央ICからまた乗ります。こうなると、現在実証実験中のETCによる一時退出と3時間以内の再入場は全てのICで出来るように早く実用化してほしい。

Tesla Supercharger テスラスーパーチャージャー ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

朝7時ごろの到着だったので誰もいませんね。つくばのスーパーチャージャーは4台設置されていて、屋根までついていてとっても良心的。この日は天気も良かったため朝から青空と芝生の緑のコントラストがきれい!トイレも24時間開放してくれていて充電利用者にやさしい。

そして、ここにはでかくテスラの看板と再生可能エネルギー開発の「NOVAL(ノーバル)」の看板がそびえたっているんですが、その下にイタリアンパスタ「マガーリ」という看板がついてます!

いつも気になっているんですが、ここを利用するのは大抵朝早く、コンビニで買った朝食を食べながら、20分くらいの充電でそのまま茨城・福島方面に向かってしまうので一度も入ったことないんです。しかし今日は、早めの日帰り。帰りに寄れるかも。

Tesla Supercharger テスラスーパーチャージャー ELECTRICLIFE エレクトリックライフ マガーリ

ミシュラン掲載シェフが手掛ける本格パスタ!

スーパーチャージャーが設置してあり、その上にもしっかりと屋根がついていたり、きれいな手入れの行き届いた芝生の中庭があったりとかなりリッチな作りになっています。中庭方面から店舗内が見えますが、テーブルや椅子もおしゃれな感じ。

Tesla Supercharger テスラスーパーチャージャー ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

充電中にイタリアンパスタ「マガーリ」さんのウェブサイトを見てみると、なんと9年連続ミシュラン掲載シェフとNOVAL社がコラボでこの店舗を運営しているとの事。益々行きたくなります。今日は福島の方まで行くと、帰りもここに立ち寄るので食べるチャンスがあるかもしれない!

しかも再エネのNOVALさんとのコラボだけあって、パワーウォールがデュアルでくっついています。13kWh×2。さすがにこれだけの電力だと店舗すべての電力を賄うのは無理だとしてもかなりの補助になっているはず。スーパーチャージャーの上についている屋根がソーラーパネルになっているようです。

Tesla Supercharger テスラスーパーチャージャー ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

Jヴィレッジにはディスティネーションチャージングあり!

サッカー小僧なら誰でもあこがれるサッカーの聖地ともなっているJヴィレッジに到着。きれいな芝生、最高の環境です。私がサッカー小僧だったころにはJリーグなんてなかったので、この施設もなかったわけですが、今の子どもたちはナショナルトレーニングセンターがあるここで各年代の代表に選ばれ、合宿に参加する事が夢だったりするのでしょう!

Jヴィレッジ エレクトリックライフ ELECTRICLIFE.JP

と、そんなJヴィレッジは再生可能エネルギーの活用を推進している施設でもあります。全天候型のドーム練習場の横には風力発電設備があり、センターハウスには水素燃料電池発電設備が設置されています。施設内の駐車場のカーポートの上には太陽光パネルが設置され、雨天練習場の横にも野立て型の太陽光パネルが設置され、Jヴィレッジの電力を補完しています。

ここまでやるならスーパーチャージャーや急速充電スタンドも設置しておいてほしいところですが、ここにはテスラのウォールコネクタと200Vの充電コンセントがセンターハウス前の駐車場に1基ずつ設置されています。2~3時間ほど滞在する予定ですのでせっかくなんで使わせていただきました。

残念ながらこの後、隣に電気自動車でない車が駐車しておりました。まだまだこういった設備の認知度は低いですね。関係ない人にとっては目にもはいらないのでしょう。

ウォールコネクタ Jヴィレッジ エレクトリックライフ ELECTRICLIFE.JP

予定も終わりいざ帰路へ

さあ、予定も終わりましたので帰途に就こうと思います。帰る前にちょっと寄りたいところがありました。この近くには火力発電所があるため、EVを乗り回しているものとして感謝の気持ちをささげに立ち寄ろうと思います。

Jヴィレッジから車で3分程度にある岩沢海水浴場は、そのすぐ脇に「広野火力発電所」があります。Jヴィレッジからも見える巨大な煙突が目印です。この海水浴場はシャワールームやトイレ、更衣室なんかもついていて小さいわりにかなりきれいな設備が整っています。

岩沢海水浴場と広野火力発電所 エレクトリックライフ

私たちEVのりは、電力のひっ迫した今、電気自動車に乗るとは何事かと言われることもありますが、電気を使うという事はその逆なんですよね。常に電力量なんかを気にしながら車に乗るわけで、ピークを避けた充電など工夫をしながら電力を上手に活用しているわけです。つまり電気を意識しながら使う用になるため、節電や電力の使い方に気を配れるようになるわけです。みんなが使っていない時に電力を使う事で自分たちにとってはお金の節約にもつながっているわけですから、電気を上手につかいこなしているというわけなんです。

という事で、火力発電所を後にし、パスタを食べに向かいます!

スーパーチャージャーだと食事している間というのは無理です!

本日2度目のつくばSCに到着しました。残り100km程度です。余裕をもって200kmくらいチャージして合計300kmにして帰ろうと思います。200kmチャージするのだとスーパーチャージャーだと30分かからないくらい。

・・・という事はパスタ食べる時間ありません!・・・・とか考えていたら、そもそもマガーリさん、真っ暗!やってない!

え?なんで!今日は日曜日。朝ウェブサイトで見たら定休日は火曜日の筈!!

もう一度ウェブサイトをしっかり確認すると「感染症予防の観点から、当面はランチのみ営業となります」の文字が・・・・。ラストオーダーは14:30・・・。仕方なくあと90kmくらいの道のり、夕食お預けです。Jヴィレッジで買っておいたポッキーを食べながらシアターモードでNHKプラスでも見ることにしました。

Tesla Supercharger テスラスーパーチャージャー ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

しかし、繰り返しになりますが、CHAdeMO急速充電器と比べてテスラのスーパーチャージャーの早いこと。普段ほとんど自宅充電で外で急速充電器は使わないのですが、たまに使って思うこの差。ほとんどのCHAdeMOが50kW級に対して、つくばのスーパーチャージャーは250KW級のV3が設置されているため充電の速度がめっちゃ早い。朝は98%までもっていったので、リチウムイオン電池の特性上、最後の20%くらいは充電速度がものすごい遅くなるため少し時間がかかりましたが、予定通り200km分充電に20分程度。合計300kmになりました。バッテリの残量的にも充電スピードが最も出るあたりで充電していたので早かったのですが、マガーリさんは人気店っぽいし、スーパーチャージャーの充電スピードだと速すぎて、待ち時間のうちに車を動かしに行くことになりそう。

テスラのスーパーチャージャーは充電が終わりに近づくと「もうすぐ終わるよ~」という通知を送ってくれます。スーパーチャージャーの場合、充電終わったのに放置しておくと罰金が科せられる仕組みになっています。この辺りの機能はCHAdeMO勢にはついてないので、困ります。充電が完了したときだけに通知が来たり、放置しておいても罰金が無いので、充電完了後も置きっぱなしの人が居ます。

今後CHAdeMO界隈では充電マナーがトラブルに発展することは必至。

次回こそ「マガーリ」さんのパスタに有り付きたい!!

関連リンク

About Electric Manager

Check Also

TESLA OTA UPDATE

テスラの楽しみの1つアップデート!

テスラ車の良いところはOTAアップデートです。ときにはまるで新しい車を購入したかのように機能がついかされます。