火曜日 , 12月 6 2022

日産リーフ40kWhとリーフe+60kWhの違い

リーフe+60kWhに乗ってみて40kWhのと比較

いつもはエレクトリックライフ事務局の日産リーフ40kWhに乗っているのですが、リーフe+(イー・プラス)を借りることができました。2022年3月にヨーロッパ市場でマイナーチェンジモデルがリリースされ、日本でも7月ごろから納車され始めた最新モデルです。ホイールのデザインも変わり、フロントのNissanロゴとライトの上部が夜になるとかっこよく光ります。

Nissan Leaf e plus ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

リーフ40kWhのモデルは車両重量が1,520kg、イープラス60kWhモデルは1,670kgと電池容量に20kWhの差があるだけに、150kgほど重い。それでも20kWh分の電力が増えれば当然航続距離は大幅にアップします。

60kWhならどこへでも行ける!

リーフ60kWhモデルはカタログ値では満充電当たりの航続距離は「WLTCモード」で450kmとなっていますが、実際は満充電で360~400km程度です。下の写真は満充電時の値です。気温や前後の走行状態にもよって表示が変わりますが、おおよそこんなものです。これだけあれば、車で行くような遠出はほぼどこまででも行けます。

Nissan Leaf e plus ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

走り具合はどうか?

40kWhのリーフに乗っている場合と比べて、思いのほか重さを感じます。先日、大人4人をのせて軽井沢に行ってきましたが、大人4人をのせた40kWhはプラス210kgくらいにはなるものの、それよりも重い感じがします。

日産リーフ40kWhに大人4人乗って軽井沢へ!

日産リーフ40kWhと60kWhの違いはその電池容量の違いによる重量の違いと、航続距離の違い、そして60kWhの方は走りの感覚がかなり重く感じるところです。それより、新型リーフはホイール形状と新色だけが違うと思ったら結構あちこち違います。

新型リーフいいっすね!!

2022年11月段階で発売されている日産リーフは、マイナーチェンジして値下げもされています。内容が良くなって値下げですから、以降からここまでにリーフを購入した人最高です。光る日産ロゴとライトもいいのですが・・・

日産リーフ・イープラスe+ LEAF ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

ブルーに光るドアもかっこいい!

日産リーフ・イープラスe+ LEAF ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

そしてインフォテイメントシステムは、心配してくれるw

日産リーフ・イープラスe+ LEAF ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

いいですねぇ~。ナイトライダーのKITT(キット)の声でしゃべってくれたらもっといいですね「マイケル、お酒を飲んだら運転はやめましょう!」

日産リーフは、サクラやアリア、他社の電気自動車に乗れば乗るほど、その良さが分かってきます。とにかくe-Pedalが最高で、日産はなぜサクラやアリアをe-Pedalにせず、e-Pedal Stepにしてしまったのか、、、、これがサクラやアリアの最大の失敗です。是非次のEVではe-Pedalに戻してほしいところです。

まだ少し走っただけなので、せっかく借りたのだからちょっと遠出をしてこようと思います!日産リーフ・イープラスの実力試してみます!

関連リンク

About Mayasa

EV導入を、車両だけでなく自宅環境の整備なども併せて、強く推進していきたい思います。

Check Also

日産リーフ エレクトリックライフ ELECTRICLIFE.JP

日産リーフの画面が白くなる現象・・・

日産リーフのインフォテイメントシステムがホワイトアウトしてしまうという現象が行っています。これは一体・・・。