日曜日 , 3月 3 2024

テスラ・モデルYにロングレンジが登場

テスラモデルYにロングレンジが登場

テスラモデルYにロングレンジが登場しました。既にヨーロッパなどでは設定がありましたが、日本市場ではシングルモーターが搭載されたRWDモデルとデュアルモーターのモデルではパフォーマンスモデルのみの設定になっていました。

航続距離605km、0-100は5秒

スペックは、満充電での最大航続距離がWLTCモードで605km、日本市場で発売されているモデルYの3つのタイプの中で最も航続距離が長い設定になっています。0-100km/hは5秒とSUVでは驚きの加速性能を実現しています。スタンダードモデルでは、十分とは言えなかった加速性能もテスラらしさを取り戻した形になっています。

Model Y LongRange Electriclife エレクトリックライフ

その他モデルの価格は据え置き

現在販売されているスタンダード、パフォーマンスモデルについては、現行の価格据え置きで、ロングレンジモデルの価格は、パフォーマンスモデルより、おおよそ78万円程度安い価格設定になっています。

  • スタンダード(RWD)
    583.46万円
  • ロングレンジ(AWD)
    676.06万円
  • パフォーマンス(AWD)
    754.46万円

Model Y LongRange Electriclife エレクトリックライフ

中古車市場でも見かけるモデルY

ロングレンジモデルは、モデルYの中で最も必要だったモデルであったにも関わらず、日本市場に投入されませんでした。モデル3からモデルYに乗り換えた人にとってRWDモデルは荷室が広くなり、一面ガラスルーフで居住性や解放感が高まった半面、日常的には必要ないにせよ、モデル3の頃のような加速感が無くなり、不満を感じてしまいます。

Model Y LongRange Electriclife エレクトリックライフ

そもそもレジャーなどで悪路にも利用したいSUVならAWDが必要で、それならパフォーマンスモデルという事になりますが、コスト的な負担も大きくなっていました。

すでにモデルY RWDは走行距離1,000km以下のものが中古車市場でも多く見られるようになってきました。販売から一年が経たない段階でこれだけ見かけるようになるのは、モデル3の時よりも早いペースです。

テスラ人気はひと段落

モデル3についても、中古車市場に数多く出回るようになってきていて、モデル3、モデルYのどのグレードも納車が1~2ヶ月程度となっていることから、現在はテスラ人気もひと段落していると言えます。最初から「ロングレンジを設定してほしかった」という声は多くありましたが、電気自動車(EV)への気運がなかなか高まってこない日本市場で、このタイミングでのロングレンジ投入は、モデル3からの買い替えかモデルY RWDからの買い替え、など限定的になるのではないかと予想されます。

テスラの自動運転の評価が賛否分かれる中で、一部エリアで実用化が進んでいるFSD(完全自動運転)についても革新的な進歩がない中、それでも他社のEVを圧倒する先進的なモビリティと未来感、走行性能は健在です。

乗り比べてしまえば、細かい車両の不出来な部分など全く気にならないほどの「新しい時代」を感じるテスラがこのまま日本市場で忘れさられていく事はあり得ないでしょう。

テスラ専用の充電ネットワーク「スーパーチャージャー」が充実してきた今、日本市場での次の一手は、サービスセンターの拡充ということになります。

関連リンク

 

About Electric Manager

Check Also

シグマ・リチウム sigma lithium Electriclife エレクトリックライフ

EVに不可欠なリチウムの採掘を行うシグマ・リチウム

シグマ・リチウム社はカナダに本社があるリチウム金属を生産している企業です。採掘は主にリチウムの生産量で世界5位のブラジルで行われていて、その生産への投資が進んでいます。