火曜日 , 6月 28 2022

TOYOTAが国内で初めてのSUVクラスのEV「bZ4X」の詳細を発表

TOYOTA国内初のSUV EV航続距離は500km前後

2021年4月19日に上海のモーターショーにて発表された「bZ4X」はトヨタとスバルで共同開発したEVです。この詳細スペックが2021年10月29日に発表されました。

当サイトでは、EVのスペックで重要視しているのは搭載バッテリー容量とその航続距離。今回の発表でそのスペックが以下のように明らかになりました。

「ヒトとヒト: ヒトとクルマ:ヒトと地球:ヒトと社会」

TOYOTAが提供する初のEVプラットフォームが提供する4つの新しい価値が上記の「ヒトと〇〇」という目標です。

快適な居住空間を与え、BEVならではの運転の楽しさ、CO2排出量削減による環境への配慮、安心安全な社会づくりへの貢献などを挙げています。

▼スペック

  • 搭載バッテリー容量:71.4kWh
  • 航続距離(日本WLTC):500km前後(FWD)  、460km前後(AWD)
  • 最大出力: 150kW(FWD)、160kW(AWD)

関連リンク

About Mayasa

電気自動車(EV)は私たちの暮らしを便利にし、新しい移動の楽しみを与えてくれるものです。 将来地球環境にも貢献できるEV導入を、車両だけでなく自宅環境の整備なども併せて、強く推進していきたい思います。

Check Also

SONY HONDA VISIONS エレクトリックライフ electriclife.jp

Hondaはソニーと新しいモビリティの世界へ

既に2022年3月の段階でモビリティ分野における戦略的提携に向けた協議を進めることで合意し、ここで正式に合弁契約を行いました。

コメントを残す