火曜日 , 6月 18 2024

HINOデュトロZ EVで市中からCO2削減

HINOデュトロZEVは多目的に使えるEV

すでに発売が開始されている小型のバッテリー電気自動車トラック「HINO デュトロZ EV」は、市街地を走る商用トラックとして様々な用途への利用が可能な車両です。普通免許で運転できるサイズであることから、ドライバー確保の面でも商用車両としての普及が期待されています。

HINO デュトロ Z EV DUTRO エレクトリックライフ ELECTRICLIFE JMS2023

バッテリは40kWh搭載で150km走行可能

搭載しているバッテリ容量は40kWhで、急速充電と普通充電に対応しています。満充電での走行距離はWLTCモードで150kmとしていますので、実際に荷物を積んで走行した場合は100~120km程度と予想されます。しかし、こういった住宅街を巡回する、ラスト1マイルをカバーする配送車両の平均走行距離は1日およそ30km~50km程度であるため、十分な走行距離となっています。

HINO デュトロ Z EV DUTRO エレクトリックライフ ELECTRICLIFE JMS2023

こういった毎日充電が必要な車両については、営業所などに「普通充電器」を搭載しておき、配達から戻り、営業が終了した夜間でゆっくり充電することで、会社への電力負担や環境負荷も軽減し、オフピークでのエネルギー利用にも貢献します。

急速充電器を利用する場合は、よっぽど緊急の時や、長距離運転する必要がある場合という事になるでしょう。床下に敷き詰められたリチウムイオンバッテリは、縦長の車両の重心を低い位置に置くため、車両も安定し従来のガソリン車よりもコーナーでの安定性や横風を受けた際のバランスなどもよくなります。

HINO デュトロ Z EV DUTRO エレクトリックライフ ELECTRICLIFE JMS2023
床下に敷き詰められたリチウムイオンバッテリで、安定した重心を確保。

使いやすいウォークスルー構造

助手席や運転席から直接荷室へ移動できるウォークスルー構造で配達業務での身のこなしがとても便利になります。運転席の後ろには1500W対応のサービスコンセントが2つ用意されていて、更に様々な業務に利用できそうです。

HINO デュトロ Z EV DUTRO エレクトリックライフ ELECTRICLIFE JMS2023

側面のスライドドアもでっぱりが少なく、このまま店舗やキッチンカーとしても利用できそうです。床面地上高も400㎜と低い設定で、荷室の高さもおよそ180cmと高く、立ったままに室内での作業が可能です。

HINO デュトロ Z EV DUTRO エレクトリックライフ ELECTRICLIFE JMS2023

毎日走る商用車からのCO2排出量削減

週末に利用されることが多い個人所有の自動車に対して、運送業者の車両などは毎日、市中や住宅街を走り回っています。一般の自家用乗用車と比べても、日々走っている量の多い法人車両や営業車両のCO2削減は非常に重要です。特に配送業者の配送センターからのラスト1マイルをカバーする軽バンや貨物車両は住宅街の中を何度も走り回っています。

市中を走る貨物車 エレクトリックライフ ELECTRICLIFE

日本国内の二酸化炭素排出量は10億6400万トン(2021年度環境省)で、うち運輸部門は全体の17.4%となる1億8500万tとなっています。

運輸部門には、自動車、航空、海運、鉄道などがありますが、自動車は全体の86.8%を占めていて、そのうち営業車としてもよく利用される貨物自動車については39.8%となっています。

国土交通省:運輸部門における二酸化炭素排出量 エレクトリックライフ ELECTRICLIFE
国土交通省:運輸部門における二酸化炭素排出量

日本では、まだ個人車両のEV普及率も低い状況ですが、すでに多くの自動車メーカーは2040年ごろまでに、内燃機関車販売停止を発表しています。欧米では国策として打ち出している国も多く、商用車についても今後はこの波がやってくると予想されます。商用車は自動車全体のCO2排出量の3分の1を占めることから、カーボンニュートラル実現には避けて、ゼロエミッションは避けて通れません。

すでにいすゞ自動車がエルフEVを、FUSOもe キャンターを発売し、2023年のジャパンモビリティーショーでは小型の商用軽バンのEV車両も多数展示されていたことから、日本市場では商用車がEV化をリードしていくかもしれません。

関連リンク

About Electric Manager

Check Also

EACON イーコン 易控智駕科技 ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

市街地での自動運転トラック実用化に向け鉱山で稼働中!

中国の国有投資会社から7億元、日本円にして143億円の出資を獲得した鉱山用の自動運転車両を開発するイーコンは既に鉱山で実用化を迎えています。