火曜日 , 6月 28 2022

テスラの値上げが止まらない!Model S/Xは納期未定へ

テスラモデル3の値上げが止まりません!

2021年2月17日、テスラモデル3の大幅値下げがあり、買ったばっかりのオーナーの方々にどよめきが起こりました。それもそのはず、511万円だったスタンダードレンジプラス(SR+)が429万円に82万の値下げ、ロングレンジ(LR)に至っては655万から499万円と、156万円も値下げしたんです!!

しかしその後値上げへ!

この値下げはすごい衝撃で、私も購入に向いたわけですが、その後は一転値上げに向かいます。

2021年4月にはSR+が+5万円の434万円へ、LRは+10万円の509万円になりました。

テスラ値上げ! ELECTRICLIFE.JP

2021年6月6日にはSR+が更に10万円プラスの439万円、LRも10万円プラスの519万円。私はここで観念してポチリました。このペースだと今後どんどん高くなってしまいます。しかもここで補助金の存在を知り迷うことなくポチりました。

更に7月30日にSR+とLR共にプラス5万円となり、SR+は444万円、LRは524万円です。

2021年10月27日には更に10万円値上げになり、SR+は454万円、LRは534万円になりました。

そして今回、2021年12月18日にウェブサイトを見ると・・・・

!!!! 今回ヤバい! SR+は479万円!!!プラス25万円!

LRは564万円!!プラス30万円!

値上げの理由として考えられること

2月の値下げから、SR+は50万円高くなり、LRは65万円高になっています!

私がポチッた6月からLRは45万も高くなっています。今から購入しても補助金が60万円のサポートがありますが、アドバンテージがどんどんなくなっているのがわかります。

今回の値上げはやはり、世界的に言われている半導体不足、そして電池の問題もあるようです。自動車を作るための部品の調達が遅れていたりすることからコストが上昇していたり、サプライチェーンが円滑に回っていないことなどがあげられます。円安に進んでいることもあり海外のものを調達するコストが上昇していることも要因の一つです。

その影響でModel S / Model Xは納期未定へ

このような世界情勢の中、Model S / Model Xについては、2022年末に納車予定だったのが、「納車が近づいた段階でご注文の確定をお願いするため改めてご連絡を差し上げます」に変更になっています。間違いなく納車は2023年春でしょう。

テスラ値上げ! ELECTRICLIFE.JP

Tesla Model3の買い時は今!

テスラ購入をご検討なら今すぐポチることをお勧めします。買い時はもっとずっと昔だったわけで、ここから先はどんどん値上げの方向です。おそらく2月の前の価格に戻りこえていくんじゃないんでしょうか。

それだけでなく、テスラは発注してから納車まで4カ月くらいかかります。今注文しても手に入るのが3月後半になります。

2022年3月になると補助金の申請が始まります。この補助金は2021年11月26日以降に納車された人も対象になります。つまり、3月の申請が始まる時点で4か月分のEV補助金の申請が一気に始まります。

今年の補助金は9月に経産省補助金が尽きてしまい、11月初旬に環境省の補助金も尽きてしまいました。来年はさらに予算規模が増えたとは言え、確実に補助金を利用したいのであればなるべく早く補助金申請もしたいところ。

なので今なんです!すでにモデル3を乗ったオーナーがYouTubeやブログなどでその良さを語っていますので、この車はさらに人気になる事間違いなし。3月に発注するころにはきっと納期も延びてしまっているんじゃないかと。

About teslakamo

Tesla Model3 を個人的に購入しました。Twitterつぶやいていたら、本サイトへ寄稿することになりました!頑張ります! たまに編集部の日産リーフを借りて比較も楽しみます!

Check Also

Tesla Model3 セントリーモード エレクトリックライフ

ダッシュカムとセントリーに推奨のメディア

テスラにはセントリーモードとダッシュカムという2種類の動画記録によるセキュリティが搭載されています。利用にはテスラ推奨のメディアがあります。

コメントを残す