火曜日 , 5月 21 2024

カーナビでYouTubeを見る方法

ドライブ中もテレビよりYouTubeの時代

最近のナビには殆ど搭載されるようになっているAppleのCarplayとAndroid Autoですが、どちらもYouTubeが見れるようになっていません。

今の時代、テレビよりもYouTubeコンテンツを見る方が圧倒的に多くなっていることから、やはりドライブ中の車内でもYouTubeコンテンツは見たいという声が多くあります。今回はApple CarplayやAndroid Autoに対応しているカーナビでYouTubeを見れるようにできるアイテムを紹介します。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ
日産リーフでYouTubeを表示している様子・ライブチャットも表示できる

用意するものと対応ナビについて

まずは、カーナビ自体がApple CarplayかつAndroid Autoに対応していて、かつUSBケーブル接続でApple CarplayとAndroid Autoが利用できることが条件になります。

そして、いつもならiPhoneやAndroidスマホを接続するのですが、その代わりに専用のワイヤレスアダプタを接続します。このCarplayワイヤレスアダプタには種類がいろいろありますが、今回は低価格で、2023年度新型とされているものにチャレンジしてみます。

この製品は中国のShenzhen Beibo Intelligent Technology co.,Ltdの「VORMOR」のメーカーのものらしいですが、一応ウェブサイトがあり、Alibabaなどでグローバルに出荷をしているようです。箱を開けてみると、車の形をしたCarplayワイヤレスアダプタとUSBケーブル、USB TYPE-AからTYPE-Cへの変換コネクタが入っていました。名前は「HERILARY」と書いてあります。

日本では技適番号がないモノは電波法違反です

そして背面を見てみると、なんと技適のマークが入っています。以前、EVに接続して便利なOBDの記事でも紹介しましたが、日本国内で電波を発する機器については、日本の技術基準適合証明(通称:技適)を取得していないものを利用すると電波法違反になります。技適が通っているか否かは総務省のページから調べられますので、この番号を入れてみると、なんときちんと認証された商品であることがわかりましたので、堂々と日本で使えます。Amazonなどのオンラインショップで購入できる製品で海外からの輸入品などはこのあたりを気を付けていないと、電波法違反です。

では、本当に使えるかどうか、編集部の日産リーフで試してみます。これができれば、YouTubeどころか、Amazon PrimeやNetflixなんかも見ることができてしまいます。

日産リーフ純正ナビでYouTubeを見れるようにする

今回は、日産リーフの純正ナビで試してみました。Teslaなんかでは、Amazon PrimeやNetflixとか見れていたので、日産リーフでもそれらが楽しめれば最高です。早速接続していきます。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

日産リーフにはUSB TYPE-AとTYPE-Cの両方があります。今回はアダプタを使わずにそのままいけるTYPE-Aを接続します。接続すると、すぐに赤と緑のランプが点灯します。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

少し経つと、Androidの文字が表示されました。これは何回か接続をやってみましたが、出るときと出ない時がありましたので、表示されなくても心配する必要はありません。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

接続すると、このHERILARY Carplayのアプリ一覧が表示されます。続いて、お手持ちのiPhoneまたはAndroidスマホの接続を行います。これにより通常のApple Carplay、Android Autoも切り替えて利用することができます。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

アプリ一覧の中から「SpeedPlay」ボタンを押すとBluetoothの接続設定が開きます。最初は英語設定になっているかと思いますが、これらは後から「Settings」で変更可能です。iPhoneやAndroid端末のBluetoothの一覧に「AiBox」という名前が表示されていますので、それと接続を行います。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

ヘアリングができると、Apple CarPlay(Androidの場合はAndroid Auto)を使うかの設定が画面とスマホ側に表示されます。これは最初に接続したときだけ、以下のように端末との接続を許可するかをきいてきますので、Apple CarplayまたはAndroid Autoを利用しますか?には「はい」を選択します。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

これで、見慣れたApple Carplayの画面が表示されました。(Androidの場合はAndroid Autoのアプリ一覧)です。このApple CarplayやAndroid AutoではYouTubeやAmazon Primeなどの映像コンテンツ向けのアプリは表示されなくなっていますので、HERILARY Carplayのアプリ一覧に戻るには、Apple Carplayの場合は「車」アプリを、Android Autoの場合は「終了」というボタンをタップします。

通常、Apple CarplayやAndroid Autoを利用する場合はそのスマホ自体がネット接続されているので、音楽アプリなどが利用できますが、動画コンテンツを見るためにHERILARY Carplay画面に切り替えると、例の車の形をした本体での接続になるため、こちらもネット接続をしないといけません。

インターネット接続は毎回確認が必要

唯一面倒なのが、このインターネット接続です。HERILARY Carplayのアプリでネット接続するためには、WiFiの設定を行います。走行中は携帯電話のテザリング機能を使ってネット接続します。車の電源を切るとこの接続が毎回切れますので、ここは接続する必要があります。アプリ一覧の「Settings」を開くと以下のような画面が開きます。Language設定では日本語に切り替えることができます。またDate and Timeでは時計の設定ができます。こちらは、手動で「日本」(グリニッジ+9時間)に設定しておくとよいでしょう。ここではWiFi接続でしたので、WiFiをタップします。

WiFi設定画面でボタンをタップして、ON状態にして、さらにWi-Fiの文字をタップすると、WiFiアクセスポイントの一覧が表示されます。スマホのインターネット共有をONにしておけば、SSID一覧の中に、スマホ名でSSIDが表示されます。それをタップすれば、WiFi接続され、これで晴れてYouTubeやAmazon Primeなんかを見ることができます。

走行中にも見ることができますが運転手は注意

HERILARY Carplayは、走行中でも動画コンテンツが見れるため、助手席の人は長いドライブ中もライブニュースやAmazon Primeの映画などが楽しめます。当然ですが、ドライバーは運転に集中してください。

Carplay Youtubeを見る ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

初期設定のうちはトラブルが起こります

さて、このHERILARY Carplayを購入するときに、購入者のコメントなどにもありましたが、最初はなぜか動作が不安定です。例えばBluetooth接続が繋がったり、つながらなかったり、テザリングでWiFi設定しようとすると初期画面に戻ってしまい、それを繰り返したりと不安定です。

今回日産リーフに設定するときにもWiFi設定がなかなかできませんでしたが、一旦ほかのWiFiにつないでみると普通につながり、再度携帯のテザリングに接続するとうまくいったりしました。

また、WiFi設定を開いただけでBluetooth接続が切れて、最初から接続のやり直しなどもありましたが、何回か繰り返したり、また最初からやり直したりしているうちになぜか動作が安定してきます。Android OSの進化なのでしょうか、ハードウェアの情報を取得していろいろマッチングをとっているので、それらが完了すると安定するのかもしれません。

何度か設定がうまくいかなくてもあきらめずにやってみましょう。

ちなみに、サポートボタンとか、サポートのメール、LINEでのサポートなども表記がありましたが、LINEユーザーはすでにアカウントを削除していて連絡がとれません。ただ会社はあるようで、メールでは連絡がつくようです。

Android端末なので、アップデートやアプリのインストールも可能

この端末は、そもそもAndroid OSが搭載されているものなので、YouTubeアプリやNetFlixなどの動画コンテンツのアプリも新しいモノがリリースされれば「更新」をかけます。Android自体もアップデートするため、WiFi接続後にはバグなどのパッチも充てられて更に改善されていくのでしょう。更に、他の動画コンテンツのアプリも追加できるので、AbemaTVやU-nextなどのアプリも追加可能です。

同様のワイヤレスアダプタも複数発売されていますが、技適などに注意して購入することをお勧めします。これで運転中にもライブニュースを見たり聞いたり、長時間のドライブ中には長編の映画を楽しむことができます。

関連リンク

About Electric Manager

Check Also

TESLA CYBERTRUCK サイバートラック テスラ ELECTRICLIFE エレクトリックライフ

日本上陸したサイバートラックが日本各地で展示ツアー

すでにアメリカでは納車が開始されているテスラ話題のピックアップトラック「Cybertruck:サイバートラック」が日本上陸を果たし、日本展示ツアーが開催されています。まだ日本国内での発売は未定であるものの、いち早くサイバートラックの現物車両を見ることができるチャンスがやってきました。